投稿者: 吉越 清顕

2006年、司法書士試験に合格       以降、いくつかの司法書士事務所に勤務する。 2008年、新宿区にて司法書士登録 2010年より、東京都新宿区で、ひびき・リーガル司法書士事務所を開設。 年間50件以上の改名に関する相談に対応する。

夏季休業のお知らせ

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。 誠に勝手ながら、本年の夏季休業期間は、2019年8月13日より2019年8月16日までとさせていただきます。 なお、上記期間中でもメールでのお問合せは受...

キラキラネームの改名

寂しそうな子供の画像

インターネットでは、キラキラネームの人が、就職活動や、結婚するときなどに悪影響があると言われています。実際に悪影響があるか分かりませんが、改名することが可能であると考えられます。「一般常識から著しく外れているとされる珍しい名前」であれば、「珍奇・難読」を理由として名の変更許可の申立をすることになります。

外国在住者の改名・改姓手続

世界地図の加増

外国に居住されている方の改名手続 外国に在住している日本人であれば、その氏名を変更するためには、やはり氏の変更・名の変更の許可を申立て、家庭裁判所の許可を得て、戸籍の届出をする必要があります。 具体的...

子の氏の変更許可の代用としての氏の変更許可申立

親子の画像

子の氏の変更許可の手続きは、子供が親の戸籍に入籍することが、ポイントです。ところが、子供が親の戸籍に入りたくない/入れないけれども、名字は親と同じにしたい場合、子の氏の変更許可の手続きをすることはできず、氏の変更許可(戸籍法107条1項)の手続きをすることになります。

正字と誤字・俗字と戸籍の訂正

本の画像

戸籍に記載されている氏名の漢字で、「誤字・俗字」という言葉を聞いたことはありますか?本来、正しい漢字で記録されるべきこせきですが、紙で保管していた時代の誤記が現代にも残っています。この場合、戸籍の先例では、簡単に正字に訂正することが可能です。