投稿者: 吉越 清顕

2006年、司法書士試験に合格       以降、いくつかの司法書士事務所に勤務する。 2008年、新宿区にて司法書士登録 2010年より、東京都新宿区で、ひびき・リーガル司法書士事務所を開設。 年間50件以上の改名に関する相談に対応する。

子の氏を外国人親の正しい氏へ直接変更する手続

no-image

戸籍上の外国人親の氏名の表記 日本国籍ではない人が、日本の戸籍に入ることはありません。しかし、配偶者や親(実親・養親)が外国人の場合は、その外国人の氏名が日本の戸籍に記載されます。 この場合、住民票や...

子供の氏を東ヨーロッパ等の国の親の氏に変更する

no-image

東ヨーロッパやロシア等の言語では、父称や氏が男性か女性かで変化することがあります。 また、女性の場合、既婚か未婚かで、さらに違いがあることもあります。 外国人親の氏へ子供の氏を変更するには、子供は戸籍...

子の氏をスペイン、ポルトガル語圏の親の氏へ変更する

no-image

スペイン、ポルトガルやブラジル、メキシコ等の中南米のスペイン語・ポルトガル語の文化の国では、子供の氏は、父母それぞれの父系の氏をひとつづつとって、父の氏+母の氏(又は母の氏+父の氏)になります。 日本...

令和5年の戸籍法改正と氏名のフリガナ

本の画像

令和5年の戸籍法の一部の改正 令和5年6月に戸籍法を含むいくつかの法律の改正がありました。 これまでは戸籍上の氏名にフリガナはありませんでした。ところが、マイナンバーカードやパスポート等に氏名の読みが...

離婚後も婚姻中の氏を継続して名乗る場合

メモをする人の画像

離婚後も婚姻中の氏を継続する 離婚後も、婚姻中の氏を継続して名乗ることは出来ます。 しかし、離婚届を提出した日から3か月が経過すると、裁判所の許可を得る必要があります。(戸籍法107条第1項) 離婚と...