名字を旧姓に戻したい方へのサービス/旧姓に戻す手続き

ジャンプしている人

婚氏続称と名字を旧姓に戻す手続き

日本の法律では、婚姻中は夫婦で同じ氏を名乗り、離婚後は婚姻中の氏ではなく旧姓(婚姻前の氏)に戻ります。

しかし、離婚の日から3か月以内に戸籍の届をすると、一度旧姓の氏で作られた戸籍から、婚姻中の名字に戻ります。(これを「婚氏続称」といいます。離婚後に子供と別の氏にならないように旧姓に戻さず、婚姻中の氏にする場合が多いです。)

離婚時点では婚姻中の名字にしたものの、その後、事情が変わって(子供が独立した、結婚した等)やはり名字を旧姓に戻したいという方は多いです。

この場合は、家庭裁判所の手続きを利用して、名字を旧姓に戻すことが可能です。

以前は、離婚から長い時間が経過ていると、家庭裁判所が名字を旧姓に戻す許可をするかどうか争いがありました。

しかし、現在(2019年)では離婚から時間が経過していても、家庭裁判所は名字を旧姓に戻す許可します。

ただし、離婚後に再婚、養子等でさらに氏が変わっている場合は、状況によっては簡単に名字を旧姓に戻すことが難しいこともあります。

なお、同じ戸籍に子供がいる場合、親が家庭裁判所の許可を得て戸籍を旧姓に戻すと、同じ戸籍のその子供も一緒に氏が変わります。

養子縁組と旧姓

養子になった場合は、原則養親の氏を名乗ることになります。

例外的に、戸籍の筆頭者の配偶者が養子になる場合は、養子の氏は変わりません。また、離縁の時も離婚と同様に旧姓に戻ります。

例外として、7年以上養親子関係が続いていたときは、離縁と同時または離縁から3か月以内に戸籍の手続きをすることで、旧姓から養子であった時の氏に戸籍が変わります。

離縁後に旧姓ではなく、養子であった時の氏を名乗った場合、離婚と同様に簡単に旧姓に戻せるかというと、そうではありません。

この場合、旧姓に戻すには、他の氏の変更と同様に旧姓に戻すことについて、やむを得ない理由が必要になります。

したがって、旧姓に戻すことについて、しっかりとした理由がある場合は、旧姓に戻す許可を得ることは可能だと考えています。

婚姻中の氏を名乗りたい方

名字を旧姓に戻したい方とは、逆に離婚後、名字を旧姓にしたけれども、婚姻中の氏を継続して名乗りたい方というのも、当然いらっしゃいます。

離婚届と同時または離婚後3か月以内の場合は、上でも述べたとおり、一度名字は旧姓での戸籍が作成されますが、戸籍の手続きをすることで、婚姻中の氏の戸籍になります。

では、離婚後3か月を過ぎてしまい、旧姓を戸籍届だけで変更できなくなったあと、名字を旧姓から婚姻中の氏に戻すことはできないのでしょうか。

この場合も同様に家庭裁判所の氏の変更許可を得て、名字を旧姓から婚姻中の氏を戻すことが可能です。ただし、離婚から長い時間が経過してしまっている場合は難しいです。

名字を旧姓に戻す手続の流れ

ご相談

まずは、ご相談してください。名字を旧姓に戻す理由や離婚後の経緯等を相談時にうかがいます。

またご相談時に、今後の手続きの概要やスケジュール等のご説明もいたします。

申立の準備

まずは、婚姻中から現在までの戸籍(除籍や改製原戸籍を含む、管轄の裁判所によって違いがあります。)を集めます。この場合は旧姓の使用履歴は問題になりません。

また、名字を旧姓以外の氏に変更することは、通常の氏の変更になりますので、やむを得ない事由が必要になります。

申立

以下の3種類の書類を用意して、家庭裁判所に提出します。

  1. 申立書
  2. 戸籍一式
  3. 同じ戸籍に本人以外の方がいる時はその方の「名字を旧姓に戻すことについての同意書」

なお、申立書の提出は、司法書士が家庭裁判所に提出するようにしています。

申立書の提出後、1ヶ月程度で家庭裁判所の面談があります。(裁判所によっては、書類の審査のみの場合もあります。)

その後、裁判所が旧姓に戻すことを許可するか判断して、名字を旧姓に戻すことの許可書(審判書)をご本人に渡します。

名字を旧姓に戻す許可を得た後

  1. 名字を旧姓に戻すことの許可書(審判書)を受け取ってから、2週間で旧姓に戻すことの許可が確定します。
  2. 名字を旧姓に戻すことの許可が確定した事の証明書を家庭裁判所から取得します。
  3. 住所地の市町村又は本籍地の市町村の戸籍窓口に以下の書類を提出して、手続きは終わりになります。
    • 名字を旧姓に戻すことの許可書(審判書)
    • 名字を旧姓に戻すことの許可が確定した事の証明書
    • 戸籍の変更届

市町村に戸籍の手続きをした後、1~2週間程度で、名字が旧姓に戻った戸籍が出来上がります。

また、こちらのコラム「結婚と離婚と氏の変更」も参考までにご覧ください