旧姓に戻す手続の費用と期間

裁判所の許可を得て、旧姓へ戻す変更する手続の期間や費用の説明です。

旧姓へ戻す手続にかかる期間

手続に必要な期間は管轄の裁判所によって変わります。

早い裁判所ですと、書類を提出してから、1~2週間程度で、結果を知らせる書類が届くこともあります。

また、状況によっては、裁判所からの調査があり2か月近くかかることもあります。

結果を知らせる書類を受け取った時から、2週間で許可又は不許可が確定します。

確定した後に家庭裁判所から、確定したことの証明書を取得して、市区町村の戸籍課へ氏の変更届を提出します。

住民票の氏はその場で、戸籍は1~2週間程度で氏の変更が反映されます。

全体としては、裁判所へ書類を提出した後、戸籍が旧姓になるまでに、早いところですと1か月半、通常ですと2か月半程度の期間が必要です。

旧姓戻す手続にかかる費用

旧姓に戻す手続にかかる費用は、裁判所の手数料や戸籍代等の実費、弁護士や司法書士等の専門家に依頼する場合はその報酬があります。

裁判所の手数料

裁判所の手数料は、収入印紙と切手で納めます。

戸籍等の証明書代

手続きにあたって、最初の結婚直前の戸籍から現在まで戸籍を提出する必要があります。(管轄によっては、現在の戸籍だけでも良い裁判所もあります。)

現在の戸籍の発行手数料は1通450円です。

除籍謄本等の発行手数料は1通750円です。

専門家の報酬

各専門家がそれぞれ報酬を決めています。

当事務所の報酬

当事務所の報酬は以下のとおりです。

ご依頼時にいただくもの

  1. 着手金:55,000円
  2. 裁判所の手数料:800円
  3. 裁判所へ納める切手代:1,500円から2,500円程度

戸籍の収集をする場合は、これ以外に戸籍代と戸籍を請求する際の郵送料をいただいています。

旧姓に戻す許可を得た時にいただくもの

  1. 成功報酬:33,000円
  2. その他確定証明書の手数料等分:数百円程度

手続のご相談

下のボタンをクリック又はタップして、お問い合わせフォームから、お問い合わせください。

問い合わせをする