コラム

改名手続、改姓手続について、家庭裁判所の裁判例や戸籍先例などを要約、紹介する投稿の一覧ページです。最近の裁判例、先例から昭和初期の改名、改姓の重要な裁判例、戸籍先例等を紹介しています。

離婚届に関係する戸籍手続の種類と、家庭裁判所でしなければならない手続

メモをする人の画像

離婚に関係する戸籍の手続は、いくつかあります。まず、離婚届から始まります。婚姻中の氏を継続して名乗りたい場合は、離婚届と同時又は3か月以内に戸籍法77条の2の届をする必要があります。子供を親権者の戸籍に入れる場合は、家庭裁判所で子の氏の変更許可の手続をして、許可を得る必要があります。

婚姻の届の時に、婚姻後に名乗る氏を間違えて選んでしまった場合

マリッジリング

漫画家の清野さんとタレントの壇蜜さんが、婚姻届の記入を間違えて、壇蜜さんの氏になってしまったそうです。では、このミスをなおして、戸籍を清野さんの氏になおすことはできるのでしょうか。改姓の手続きでは、戸籍の氏を配偶者の旧姓に変更することはできないと考えられます。ですが戸籍届の間違えなので、戸籍を訂正できるかもしれません

戸籍に記録された外国人の配偶者又は親の氏名のカタカナ表記と訂正手続

世界地図の画像

配偶者や親等が外国人の場合は、その外国人の氏名が日本の戸籍に記載されます。記録される外国人の氏名はカタカナで表記されます。外国語の発音をカタカナでうまく表現できないこともありますし、昔は戸籍に使えるカタカナに制限がありました。もし、カタカナの表記が間違っていたり、おかしかい場合は戸籍の訂正ができるかもしれません。

キラキラネーム等の読みづらい名前、珍しい名前、奇妙な名前の改名手続き

寂しそうな子供の画像

インターネットでは、キラキラネームの人が、就職活動や、結婚するときなどに悪影響があると言われています。実際に悪影響があるか分かりませんが、改名することが可能であると考えられます。「一般常識から著しく外れているとされる珍しい名前」であれば、「珍奇・難読」を理由として名の変更許可の申立をすることになります。

外国在住の日本人が、日本の家庭裁判所で改名・改姓の手続をする方法

世界地図の画像

外国在住の日本人も、氏名を変更するには、日本の家庭裁判所の許可を得て、戸籍の届出をする必要があります。手続は、日本国内に在住している方と変わりはありません。したがって、日本国内の家庭裁判所の許可を得て市町村へ戸籍の届をすることになります。しかし、日本に入国せず手続きを終わらせることも可能です。