在日外国人親の通称とハーフの子供の氏

世界地図の加増

外国人親と日本人親の間の子供は、日本の戸籍上は日本人親の氏を名乗ります。

ハーフの子供だけが戸籍上も外国人親の氏を名乗りたい場合は、戸籍法107条第4項の手続きをして、家庭裁判所の許可を得たうえで戸籍上も外国人親の氏を名乗ることができます。

ただし戸籍法107条4項の手続きの場合は、ハーフの子の戸籍の父母の欄に記載されたカタカナ表記の外国人親の氏にしか変更することができません。

外国人住民票と通称名

日本に居住する外国人は、日本の住民票に本国の正式な氏名以外の通称を記載することができます。

ところが、この通称は正式な氏名ではないので、その配偶者が戸籍法107条第2項の手続きで、外国人配偶者の通称として使用している氏を名乗ることはできません。

この場合、通常の氏の変更と同様に家庭裁判所に申立て、許可を得たうえで、日本人の配偶者は通称の氏に変更することができます。

その子供達は日本人親の戸籍と同じ戸籍に記録されている場合がほとんどなので、親の氏が変われば、子供達の戸籍上の氏も当然変わります。

また、もし子供が日本人親とは別な戸籍になっている場合も、子の氏の変更許可の手続きをすることで、簡単に変更することができます。

ハーフの子供だけが、外国人親の通称氏に変更したい場合

ハーフの子供だけが外国人親の氏を名乗りたい場合は、うえに書いたとおり戸籍法107条第4項の手続きをすることになります。

では、ハーフの子供だけが、外国人の親の住民票に記載された通称氏に変更することは可能でしょうか?

外国人親の通称氏に変更することは可能

公開されている家庭裁判所の審判例は見当たりませんが、可能です。

法律上では戸籍法107条第4項の手続きなのか色々論点はありますが、実際のところは、他の理由で氏を変更する場合と比べると簡単に許可されるように感じています。

外国人親の通称氏に変更する場合の手続き

氏の変更許可の申立てることができるのは戸籍の筆頭者ですので、裁判所の手続きの前に分籍の手続きをして、子を戸籍の筆頭者にしておく必要があると考えています。

その新しい戸籍と外国人親の通称氏を証明するための住民票、その他の資料を添付して、裁判所に申立てをすることになります。