コラム

改名手続、改姓手続について、家庭裁判所の裁判例や戸籍先例などを要約、紹介する投稿の一覧ページです。最近の裁判例、先例から昭和初期の改名、改姓の重要な裁判例、戸籍先例等を紹介しています。

戸籍訂正許可手続の期間と費用

メモをする人の画像

裁判所の許可を得て、戸籍の訂正する手続の期間や費用の説明です。 戸籍訂正手続にかかる期間 手続に必要な期間は、訂正する内容や管轄の裁判所によって変わります。 戸籍の記録から、誤りや記載漏れが明らかな場...

戸籍に記録された外国人親の氏名に誤りがある場合に、直接、子の氏を正しい表記び変更する手続

メモをする人の画像

外国人が配偶者や親(実親・養親)の場合は、その外国人の氏名が戸籍に記載されます。この場合、その氏名はカタカナ表記になります。ところが外国語との発音の違いで、その氏名のカタカナ表記が正しくないことがあります。この違いが簡単なものであれば、子供の氏を、直接正しいカタカナ表記の氏に変更できます。

子供の戸籍上の氏を、東ヨーロッパ等の国の親の氏の正しい文法の表記に変更する

赤ちゃんの画像

外国人親をもつ子供は日本の戸籍の氏を外国人親の氏へ変更することができます。しかし、東ヨーロッパ、ロシア等の国では、氏の語尾が男性か女性かで変化します。この場合は、外国人親の氏の母国の言語の文法に従って性別による正しい形で、子供の日本の戸籍の氏に反映することができます。

スペイン、ポルトガル語圏出身の外国人親の氏へ、子供の日本の戸籍の氏を変更する場合

世界地図の画像

スペイン、ポルトガル、中南米等の、スペイン語・ポルトガル語文化の国では、父母の父系の氏をとって父の氏+母の氏(又は母の氏+父の氏)が子供の氏になります。日本人の親とスペイン・ポルトガル語圏の出身の親の子供は、外国人親の父系の氏に子供の日本の戸籍の氏を変更することができます。

戸籍法改正で、戸籍の氏名にフリガナが記録され、フリガナの変更も裁判所の許可が必要になりました。

本の画像

これまでは、戸籍上の氏名にフリガナは記録されていませんでした。しかし、マイナンバーカード等の氏名のフリガナに法律的な根拠がなく、公的な記録の氏名のフリガナ・読み仮名の取扱いを統一する必要がありました。令和5年(2023年)戸籍法が改正されて、戸籍にフリガナを記載することになりました。