コラム

改名手続について、判例や先例などの情報を提供していきます。

外国在住者の改名・改姓手続

世界地図の加増

外国に居住されている方の改名手続 外国に在住している日本人であれば、その氏名を変更するためには、やはり氏の変更・名の変更の許可を申立て、家庭裁判所の許可を得て、戸籍の届出をする必要があります。 具体的...

子の氏の変更許可の代用としての氏の変更許可申立

親子の画像

子の氏の変更許可の手続きは、子供が親の戸籍に入籍することが、ポイントです。ところが、子供が親の戸籍に入りたくない/入れないけれども、名字は親と同じにしたい場合、子の氏の変更許可の手続きをすることはできず、氏の変更許可(戸籍法107条1項)の手続きをすることになります。

正字と誤字・俗字と戸籍の訂正

本の画像

戸籍に記載されている氏名の漢字で、「誤字・俗字」という言葉を聞いたことはありますか?本来、正しい漢字で記録されるべきこせきですが、紙で保管していた時代の誤記が現代にも残っています。この場合、戸籍の先例では、簡単に正字に訂正することが可能です。

同じ理由での改名の申立

家の模型

一度、改名の申立をしたところ、正当な理由がないと家庭裁判所に不許可とされてしまうことはあると思います。しかし、どうしても名前を変更したいというご希望は、理解できます。では、同じ理由で何度も名の変更の許可の申立をできるのかどうかを、お話ししていこうと思います。

戸籍の種類と氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録

若芽の画像

戸籍にはいくつか種類があります。全員分の全部事項証明書(戸籍謄本)一部事項証明書(戸籍抄本)という分類、現在の戸籍、除籍、改製原戸籍という分類もあります。戸籍の証明書に氏の変更(改姓)、名の変更(改名)の記録がどう記載されるのかを、解説しています。